FX初心者が失敗しないFX投資の始め方やり方まとめ

FXでのクロス円とは?テクニカルチャート【取引難しい?】

クロス円とは、

必ずアメリカドルを仲立ちとして
円を絡めた通貨ペアを取引すること

を言います。

gg018

主にクロス通貨として円と絡めて取引きされる通貨は、

・ユーロ
・オーストラリアドル
・ニュージーランドドル
・イギリスポンド
・南アフリカランド
・カナダドル

などが有名です。

最近では南アフリカのランドなどの金利の高い通貨も投資家の間では人気になってきています。

そして、元々アメリカドルを仲立ちにする理由は、アメリカが世界の基軸通貨だからで、いきなり日本のお金を南アフリカのランドに替えるにしても、一旦ドルに交換してからそれを他の通貨に変える手続きが一般的だからです。

そして、実際に日本の投資家がFXでクロス通貨を売り買いする時には、アメリカドルを介して売買が行われています。

その理由としては、他のクロス円通貨と円の直接の取引量がドルと円よりも少ないためで、それと同時に、ドルと他のクロス通貨の取引量も同じく少ないためです。

その取引の流れを説明してみましょう。

クロス円通貨ペアに買い注文を出す。

   ↓ ↓ ↓

FX業者はまずはクロス円通過/アメリカドルを買う。

   ↓ ↓ ↓

そして、さらにドル円を買ってクロス円の買い注文を処理します。

よくドル円やユーロよりも他の通過のスプレッドが大きいのは、このような理由があるからなのです。

そして、クロス円通貨には必ずアメリカドルが絡んでくることから、クロス円通貨は自然とアメリカドルの影響も受けてしまいます。

そこで注意が必要なのは、クロス円通貨ペアの相場のチャックも大事なのですが、この場合はアメリカドルの状況もきちんと把握しておくことも大事になります。

  • 当サイトは情報の提供を目的としており、投資に関する判断を促すものではありません。投資方針やその内容についてはご自身の判断でお願いします。
  • 情報の正確性について注意していますが、その内容について責任を負うことはできませんのでご了承ください。
  • 当サイト運営会社は、金融商品の販売を一切行っておりません。各サービスに関するお問い合わせは該当のサービス提供者様へお願いします。
TOP > FX > FX初心者向け講座 > FXでのクロス円とは?テクニカルチャート【取引難しい?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)