FX初心者向け講座

FXでスワップ狙いに適した通貨及び注意点

スワップとはFX取引で買った通貨にたいしてつく利息の事で、その利息をもらうためにFX取引をする人は少なくはありません。

日本では現在低金利政策のために、以前と比べてよっぽどの資産家でもなかなか利息での生活は難しくなりました。しかしFXでは上手く行なえばその利息生活を復活させることも出来るのです。

FXでは外貨を買っている状態のことをポジションと言いますが、そのポジションにはその通貨に対しての利息が毎日加算されていき、そのポジションを持っている間は利息がつきます。

photo021

しかし、注意点は通貨の相場が変わればその利息以上に損をしてしますことも十分に考えなければいけないことです。

スワップを狙う通貨は、もちろん金利の高い通貨が理想的ですが、その通貨の信用性も問題になってきます。現在多くの人が注目している通貨は、南アフリカのランドやトルコのリラです。

その他にも日本よりも金利が高いオーストラリアドルやイギリスポンドもありますが、それよりも現在はランドやリラが狙い目です。

しかし一番の問題は、これらの通貨はマイナー通貨だということです。

新興国通貨はたしかに金利は高く、新たな狙い目にはなってきているのですが、新興国の経済は不安定で、その上テロや内乱などのリスクも考えなければいけません。

以前には高金利で人気であったアイスランドのクローネは、あのサブプライムローンの影響で、今では取引さえ出来ない状態になりました。

しかし南アフリカは、金や資源の宝庫で経済的に安定していくことも予想されるし、為替は株とは違いお金の価値が0になるリスクは少ないのですが、それでも必ずリスクが0でない訳でもありません。

これらから考えて、あとは自分でどう判断するかの問題です。きちんと購入先の情勢を見据えて投資を行ないましょう。