FX

戦争やテロなどが起きた際のFXへ与える影響とは?

戦争やテロは為替市場にも大きな影響を与えます。為替市場は世界中の状況で変化するために、最近頻繁に起きているテロ行為は、常に為替市場に影響を与えていることは間違いがありません。

そのテロや戦争が起きると、その現地の通貨は急落します。しかし、現在ではその現象は一時的で、少しするとまた元に戻る傾向も持っています。最近で一番問題になったアメリカでも同時多発テロの時も、その事件当時は米ドルの売りが殺到しました。しかし、その現象も一時的なもので終わり、その翌月には、ほぼ前の相場に戻りました。

テロ行為というのはそうそう頻繁に起こるものでなく、さらにそのテロの種類はいろいろあるので、誰もその後にどういう方向に動くのかは分かりません。そのために投資家達は危険を回避するために、とりあえず一旦はその為替相場から手を引きます。わざわざ不安材料が多いところに投資する人はいなく、そのために大量にその通貨は売りに出されます。

しかし、今までの状況からしても先進国の場合では、テロが起きてもそう長くは世の中がおかしくなったことはなく、少しすれば元に戻るという見方がほとんどの見方です。しかし、これはあくまでも今までの話で、この不景気で何が起こるか分からない世の中では、これから投資家達もどのように判断していくのかは分からない状況です。

そして、もう1つ覚えておかなければいけないのが、テロの事件が起きれば必ず相場が下がり続ける訳ではないもう1つの理由です。それはその下がった相場をみて、その後の値上がりを見越して購入する人も多いからです。

このやり方はもちろん危険性も多く含むので、出来るだけ安全に取引したい人にはあまりお勧めのやり方ではありません。

最近では終わりが見えない状況が続いていますから、特にFX初心者のみなさんには、分からないものには手を出さないという考え方をおすすめします。

FX初心者に最もおすすめなのは?
  • USD/JPYスプレッド0.27銭
  • 初心者に嬉しい最小単位1通貨から
  • 高水準のスワップポイント
  • 新規口座開設でもれなく500円入金中

SBI FXトレード公式へ