FX初心者が失敗しないFX投資の始め方やり方まとめ

レジスタンスラインとは?【FXチャート分析】

FX(外国為替証拠金取引)のレジスタンスラインは、直訳すると上値抵抗線といいます。

レジスタンスライン(上値抵抗線)と、サポートライン(下値抵抗線)は、トレンドラインとともに、
チャートのテクニカル分析では、代表的なラインでトレードには大変重要な線です。

green_google220141024215219500

レジスタンスラインは、各チャートを使って、為替レートが上昇していって上げ止まった時の
高値と高値の点を、いくつか結んだラインのことをいいます。

多くのトレーダーが、この水準以上は相場が上昇しないだろうと意識している価格でもあるので、
このレジスタンスラインがある一定の価格に形成されると、そこに利益確定の決済を入れてる人や、
売りを入れている人もいるので、為替レートがこのライン近くになると売り戻されて、
値下がりするパターンが繰り返されます。

実際に取引を行う場合は、レジスタンスラインを参考にして、どのくらいのレートでエントリーして、
どのくらいで手仕舞うかの判断材料に使うようにしましょう。

このレジスタンスラインを抜けて、為替レートが上昇した場合は、買いの取引をしていた人が決済をしたか、
新規の買い注文が増えたかで、ラインをブレイクして激しい値動きになる時があります。
そういった時は、この上値が底値になってしまう場合もあるわけです。

リアルで売買する場合は、このレジスタンスラインを、他の投資家がどのように捉えて売買をしているのか、
リアルタイムで発表される経済指標などと合わせて考えていくことがとても重要なことになります。

  • 当サイトは情報の提供を目的としており、投資に関する判断を促すものではありません。投資方針やその内容についてはご自身の判断でお願いします。
  • 情報の正確性について注意していますが、その内容について責任を負うことはできませんのでご了承ください。
  • 当サイト運営会社は、金融商品の販売を一切行っておりません。各サービスに関するお問い合わせは該当のサービス提供者様へお願いします。
TOP > FX > FX用語解説 > レジスタンスラインとは?【FXチャート分析】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)