FX初心者が失敗しないFX投資の始め方やり方まとめ

FX取引レバレッジ計算で勝つ!【メリット・デメリットは?】

FX取引においてのレバレッジのメリットは?

 

2-4

FX(外国為替保証金取引)で、1番の特化すべきことはレバレッジでしょう。

レバレッジとは、「てこの原理」のことで、少ない資金で大きな利益を上げることです。
少ない資金で大きな利益を上げたいのは、誰でも本音でしょう。

FX取引では、担保の保証金を元に、自分の取引量を、レバレッジで自由に設定することができます。

今はレバレッジ規制で、以前のように大きなレバレッジは使えませんが、
それでも、今年から規制される最大25倍のレバレッジでも十分、利益幅を確約してくれると思います。

例えば、外貨預金では、1米ドルが100円の時、1万米ドルを買う場合は、
最低100万円の資金が必要になりますが、FX取引であれば、レバレッジを使って、
5万円でも10万円でも、1万米ドルを買うことができるのです。

そして、その保持してる1万米ドルが、110円になったと時に、売ったとします。
利益は10万円になりますね。5万や10万の少ない資金でこれだけの利益が得られるのです。

レバレッジを使って、値動きの激しい時間帯で売買をすれば、短い時間で、大きな利益が確定することも可能なのです。

また、レバレッジを1~2倍と、為替の値動きに左右されないくらいに低くしておいて、
オーストラリアドルや南アフリカランドのような金利の高い通貨を保持して、
毎日、スワップポイントを得ることもできます。

レバレッジ効果を、売買でうまく使って利益につなげるようにしてください。

FX取引においてのレバレッジのデメリットは?

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_05_OH62_nekorobunuko-thumb-1000xauto-15639
FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジは、少ない資金で大きな利益を得るためにとてもメリットの
大きなシステムです。トレーダーにとっては、レバレッジを活用することで、
少ない資金で取引規模を大きくできるすぐれものです。

このレバレッジは為替レートが予想通りに動いたとすれば、大きな利益になりますが、予想と反対に動いた場合は大きな損失になりかねません。

当たり前のことですが、ハイリターンとハイリスクは、FXの為替取引でも対のものなのです。
10万円の資金で、レバレッジを25倍に設定すれば、250万円までの取引が可能になり、
自分の予想通りに相場が動いてくれれば、利益も25倍になりますが、
予想と反対に相場が動いた場合は、含み損が利益と同じ25倍になってしまいます。

また、レバレッジを高くすれば、ロスカットされる確率も高くなります。

なぜならば、為替相場は秒きざみでレートが変動しています。そのレート変動によって保持している
ポジションがプラスになったり、マイナスになったりしています。

つまり為替変動に対して、大きなレバレッジの方が損失が出るのが比例して大きくなるので、
早くロスカットに達してしまうというリスクがあるのです。

FXを始めたばかりの人は、こういったレバレッジのデメリットととそれに伴うロスカットレベルを
あらかじめ理解しておきましょう。

そして、実際に取引を行う際は、十分なリスクコントロールをして上手にレバレッジを活用してください。

  • 当サイトは情報の提供を目的としており、投資に関する判断を促すものではありません。投資方針やその内容についてはご自身の判断でお願いします。
  • 情報の正確性について注意していますが、その内容について責任を負うことはできませんのでご了承ください。
  • 当サイト運営会社は、金融商品の販売を一切行っておりません。各サービスに関するお問い合わせは該当のサービス提供者様へお願いします。
TOP > FX > FX初心者向け講座 > FX取引レバレッジ計算で勝つ!【メリット・デメリットは?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)