FX初心者が失敗しないFX投資の始め方やり方まとめ

FXレバレッジとは?意味と使い方

レバレッジは、FXの最大の魅力そして特徴だと言われているものです。

このレバレッジとはいったいどういうものなのでしょうか。

a0027_000796

レバレッジとは、本来「てこの原理」を意味する言葉ですが、FXトレードにおけるレバレッジは、

取引をするために必要なFX会社にあなたが預ける証拠金の数倍から、数十倍の金額を取引に利用することができる仕組みを意味しています。

つまりこのレバレッジは、少ない資金で大きな金額の取引を行なうことのできる、とても効率の良い仕組みであると言うことができるのです。

このレバレッジを使って、あなたがFX会社に預けた証拠金以上の金額の取引を行なうことを、「レバレッジをかける」と言います。

たとえば、あなたが証拠金を20万円預けている場合、

・レバレッジを2倍にすれば上限40万円まで

・5倍にすれば上限100万円まで

 

・・・の外貨を取引することができます。

かけることができるレバレッジの倍率設定は各FX会社によって差があり、中には500倍までかけられるというFX会社もあるというから驚きです。このレバレッジは上手に活用すれば、同じ資金額でもより大きく稼げる可能性があるもの。

だから、他の投資法と比べて少ない資金で効率よく稼げるため、レバレッジの使えるFXの人気が高まっているのです。

しかし逆の視点から考えてみると、取引の中で損失を出した際に高いレバレッジをかけていると、預けた証拠金を失うばかりか、大きな損失を出してしまうことにもつながりかねないという危険性をはらんでいます。

初心者の場合は、適正なレバレッジで取引を始めるように注意が必要です。

  • 当サイトは情報の提供を目的としており、投資に関する判断を促すものではありません。投資方針やその内容についてはご自身の判断でお願いします。
  • 情報の正確性について注意していますが、その内容について責任を負うことはできませんのでご了承ください。
  • 当サイト運営会社は、金融商品の販売を一切行っておりません。各サービスに関するお問い合わせは該当のサービス提供者様へお願いします。
TOP > FX > FX用語解説 > FXレバレッジとは?意味と使い方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)