FX初心者が失敗しないFX投資の始め方やり方まとめ

季節別FXの特徴とは?【市場の流れを把握】

外国為替の市場はその国々の状況で大きく変化します。

その中で、季節によっても大きく変化します。それはその国の決算時期や大きなイベントでの休暇にも影響されて、毎年その動きには同じような傾向があります。

月ごとに説明してみましょう。

ac198eb0a3b8a1e48922c9bc79945243_s

2月~3月

2月~3月には日本は決算で言えば年度末になり、日本企業が海外の資金を円に戻すことを行なうために、円買いの注文が入りやすくなります。

4月~5月

そして、4月~5月は決算が終わり年の始まりで、企業でも新規の取引が増えます。機関投資家から外債投資も入ってくることが期待されるので、ドル買いの材料が高まる月になります。毎年ゴールデンウィーに向けたドル買い注文が増える時期です。

8月

8月は特に取引の少ない時期です。日本ではお盆休みのため、どうしても取引が減少し、欧米のディーラーもサマーバケーションを取るので参加者が少なくなります。

11月

そして11月になると、欧米企業が海外の資金を自分の国へ戻す動きが目立ってきます。これは、欧米企業の決算のほとんどが12月となっていて、その上クリスマスという大きなイベントの前に会計作業を終わらせようとするために、11月下旬にその行動が多くなります。

12月

そして12月になると、今度は極端に市場の参加者が減少します。8月よりもさらに参加者が減ります。

これは欧米ではクリスマス休暇をとる人がとても多く、その上企業も決算を控えているので、大きな損益ブレが出るのを嫌がるからです。この時期が市場で一番参加者が減少する時期と言われています。

このように季節によって市場の流れは変わりますが、必ずしもこの通りに動かない事は覚えておかなければいけません。

  • 当サイトは情報の提供を目的としており、投資に関する判断を促すものではありません。投資方針やその内容についてはご自身の判断でお願いします。
  • 情報の正確性について注意していますが、その内容について責任を負うことはできませんのでご了承ください。
  • 当サイト運営会社は、金融商品の販売を一切行っておりません。各サービスに関するお問い合わせは該当のサービス提供者様へお願いします。
TOP > FX > FX初心者向け講座 > 季節別FXの特徴とは?【市場の流れを把握】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)