FX

物価が為替に与える影響とは?

物価と為替にはとても密接な関わりがあることは間違いありません。日本とアメリカで考えても、そのどちらかの国の物価が上れば為替や経済状況にはとても大きな影響を及ぼします。

1つの商品で考えてみると、同じ商品Aが今までアメリカ1ドル、日本では100円で購入出来たのに、日本の物価が上り120円になったとすると、アメリカでは商品Aは今までと同じ価値ですが、日本では同じもので価値が違うことになったので、為替でみると円安・ドル高になったと言えるのです。その逆で考えて、商品Aがアメリカの物価が上って1ドル20セントになったとすれば、円高・ドル安になったと言えるのです。

このように一般的には日本で物価が上れば円安・ドル高になり、物価が下がると円高・ドル安になります。

そして、日本の物価が上ると円安・ドル高が進みやすくて、逆に物価が下がると円高・ドル安が進みやすいのは、購買力平価説という考えに基づいています。これは2国間の為替のレートはお互いの国の購買力が同じになるように決定されたもので、さらに通貨の購買力はその国の物価水準の逆数に比例するという考え方です。

簡単に考えれば、同じ商品が日本で500円、アメリカで5ドルだとすると、5ドルは500円なので、1ドルは100円ということになります。これが購買力平価の基本です。この考え方はもちろんそのように市場が動く訳はないのですが、多くの為替ディーラーはこの考え方を基本にしていることは事実なので、それは頭にいれておいた方がいいと思います。