FX

朝と夜で違いがあるって本当?FX時間別特徴とは

FX取引での特徴の1つは、24時間いつでも取引が出来るというところです。これは株取引では考えられないことで、そのために平日働いて休日にゆっくりとその時間の動きを観察したい人にとってはとても嬉しいことです。

このように取引時間が広く、自由に取引出来ることがFXの人気にもなっているところです。

そして、このように取引出来るのは、それぞれの国の時差で市場の時間が異なるからです。よく東京市場、ニューヨーク市場、ロンドン市場が開いたとニュースでも耳にしますが、これは市場という場所が開いたのではなく、全体の市場が動き出したという意味なのです。

このように、24時間と言ってもその国々では休みはありますが、全体としては必ずどこかの市場は開いていることになります。

そしてFX取引では時間ごとに動きに特徴があります。取引量が一番多い時間帯は日本時間の夕方~深夜にかけてです。この時間帯は、ロンドンをはじめとしてヨーロッパ全域の銀行が取引を行なう時間です。

そして、東京や香港のディーラーも途中まで残っている時間です。さらには朝が早いニューヨークの銀行も途中から参してきます。

このために、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの3極全てが集中して取引を行なうので、当然その時間の動きは最も多くなります。そして、欧米の通貨当局からの発言や経済指数などもこの時間に集中して行なわれるので、この時間帯で大型注文などが集まりやすくなります。

この時間帯はFXで一番動きが大きい時間帯なので、慣れてきたらチェックしてみるといいと思います。