FX初心者が失敗しないFX投資の始め方やり方まとめ

FXチャートのサポートラインとは?

FX(外国為替証拠金取引)では、各種テクニカルチャートを分析して、トレンドラインを読みながら為替取引を行うことは、多くの投資家の基本で、最も大切なことです。

トレンドラインは、為替相場が上昇の時は、安値と安値を結んで作る線です。

反対に、下降しているときは高値同士を結んでラインを作ります。

photo006

これによって、今の相場の流れ(トレンド)が読めるわけです。

そして、サポートラインは、下値支持線と呼ばれて、為替レートがこれ以上下落しそうにもない線のことです。

サポートラインの引き方は、チャートの谷底をつなげて線を引くだけです。

線は、水平でなくても、多少斜めになっていてもかまいません。

過去に何度かその近くで為替レートが反発してる価格帯のことなので、サポートライン(下値支持線)と呼ばれています。

相場がその水準を維持して、割り込まないと多くの投資家が意識しているラインであり、キリのいい価格で、何回も支持される場合は、その価格で、大量の注文が入ってるのかもしれません。

これが破られる時は、大きな売りのシグナルが出ていると考えられ、多くの投資家が保持していたものの、ストップロスが出たり、売りに出す場合もあるので、為替の急落がよく起こります。

為替取引で買いを行って、それが短期トレードであった場合は、サポートライン(下値支持線)を見極めて、ストップロスなどを入れておくことは、資産を大きく損失しないために大切なことです。

  • 当サイトは情報の提供を目的としており、投資に関する判断を促すものではありません。投資方針やその内容についてはご自身の判断でお願いします。
  • 情報の正確性について注意していますが、その内容について責任を負うことはできませんのでご了承ください。
  • 当サイト運営会社は、金融商品の販売を一切行っておりません。各サービスに関するお問い合わせは該当のサービス提供者様へお願いします。
TOP > FX > FX初心者向け講座 > FXチャートのサポートラインとは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)