FX初心者が失敗しないFX投資の始め方やり方まとめ

金融庁に登録されているFX業者を選ぶメリットは?

FX(外国為替証拠金取引)は、金融商品取引法に規定されているデリバティブ取引です。

外国為替及び外国貿易法が、日本では1998年に改正されて、一般の個人投資家もFX(外国為替証拠金取引)が出来るようになりました。それを助けるようにインターネットの普及がさらに取引の利便性を加速をさせ、市場も急速に拡大していきました。

それに伴い、FXを扱う業者も増えていきました。

ただ、以前は取引に関する法規制が整っていなかったため、業者の中には、多額の取引手数料を取ったり、詐欺もどきの悪質な行為をする悪徳業者もありました。

他にも、資産の管理や、財務が整備されておらず、担保の保証金が返還されないという多発しました。

2005年7月に、金融先物取引法の改正された際に、規制が設けられました。

現在、外国為替証拠金取引を業者として行う場合は、金融庁の登録を受けることを義務付けています。業者は金融庁への登録制となり、金融庁の管轄下におかれるようになったのです。

さらに、

不招請勧誘の禁止
断定的判断を提供しての勧誘の禁止などの無理な勧誘はしない。
手数料やリスクなどについての表示の義務づけ。
契約締結前に書面での交付の義務付け。

など、こういった行為が禁止事項に明確にされました。

金融庁に登録されている業者は、これらのことをすべてクリアにしています。

もし、一般的な相談、質問、及び、トラブル等になった場合は、相談室等のサービスもあります。

  • 当サイトは情報の提供を目的としており、投資に関する判断を促すものではありません。投資方針やその内容についてはご自身の判断でお願いします。
  • 情報の正確性について注意していますが、その内容について責任を負うことはできませんのでご了承ください。
  • 当サイト運営会社は、金融商品の販売を一切行っておりません。各サービスに関するお問い合わせは該当のサービス提供者様へお願いします。
TOP > FX > FX初心者向け講座 > 金融庁に登録されているFX業者を選ぶメリットは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)